ドイツ硬水お洗濯にはカルキ対策の『カルキ除去剤』をお忘れなく

こんにちはまりちゃん@ドイツ在住美容師ブロガーです。

奥さんまたです、また硬水問題です。

渡独後すぐに硬水のおかげで激しい肌荒れが起き、なんとかビオデルマ様で復活

オーガニックNo.1『BIODERMA』優秀すぎて肌の悩みがある方は是非使って欲しい『レビュー』

その後、謎のフケ問題もウェレダのトニックで快挙達成

『WELEDAのオーガニックヘアトニック』で白髪と薄毛にさよならしよう※レビュー※

今回の問題は毎日の洗濯問題、これ、知らないと本当に洗濯機壊れるので必見です。

ドイツのお洗濯用カルキ取り

硬水とカルキ

まず何回も言いますがドイツ、フランスなどヨーロッパは『硬水』です。日本から来たばかりだとこの『硬水』には本当に慣れないですよね(日本は軟水です)

硬水(こうすい)とは、カルシウムマグネシウム金属イオン含有量が多いのことである。ウィキペディア(Wikipedia)

硬水には大量の『カルキ』が含まれています。カルキは水が乾いた後に白く残る石灰のことです。お掃除に床を水ふきなんかしたらもう大変、白く点々が残ります。

洗濯でも同様、カルキ抜きをせずに洗濯したら汚れは落ちにくくなるのはもちろん、洗濯機の故障の原因にもなります。

家具付き賃貸で洗濯機が壊れたらもう最悪。

まりちゃん

そうなる前にドイツのお洗濯にはカルキ除去剤を使いましょう。

ドイツのカルキ除去剤について

カルキ除去剤はどこに売っている?

我らが『dm』に普通に売っています。

ドラックストアはもちろんスーパーにも売っています。

あと、REWEでも『Ja!』というプライベートブランドでも出ているようです。

カルキ除去剤の値段は?

お値段もdmREWEのプライベートブランドなら4€くらいで購入できます。

*dm*Denkmit


*ja*KALK STOPP TABS


洗剤自体にもカルキ除去が含まれているものもあります(gegen Kalkや、Kalkschschutzがカルキ除去成分が含まれているということです)ですが一般的な洗剤には含まれているものは少ないです。残念。

私は手軽なタブレットタイプをおすすめしますが、粉末液体タイプもあるので粉の溶け残りが気になる方は液体タイプがいいかもしれません(私はズボラなので気にしません)

カルキ除去剤は洗濯機のどこに入れるか?

我が家は洗濯機(ドラム式)の左上に引き出しがあります。

こちらの左に投入します

入れる場所は真ん中ではなく左側です。

  • 左   カルゴン、洗剤
  • 真ん中 柔軟剤
  • 右   予洗い洗剤(使ったことなし)

これであとは洗剤を入れて普通に回せばOKです。

ドイツの洗濯用カルキ取りのまとめ

硬水問題は慣れない日本人には最初本当に厄介ですが、きちんと対策すれば大丈夫です!

普通のお洗濯の時に毎回洗剤+カルキ除去と覚えていただければとりあえず大丈夫です、何よりタブレットは入れるだけなので楽チンです♡

まりちゃん

洗濯機が壊れる前に皆様もぜひお使いくだいさませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です