ドイツでお洗濯!生乾き対策なら洗濯用除菌剤『SAGROTAN』優秀なので是非オススメしたい

こんにちはまりちゃん@ドイツ在住美容師ブロガーです。

NYが終わって洗濯シリーズです。NYに2週間も滞在してたもんだから洗濯物が山。本当に山。

色柄もの、白と分けて6回も回しました。

全世界の洗濯を担当する主婦、主夫方、お疲れ様です。

そして日本ではあるかわからないけどこの度ドイツでかなり活気的なお洗濯剤をゲットしましたので紹介させてくださいませ。本当にこれほどまでに日本での販売を強く願う商品が今まであっただろうか、、、!

*ニューヨークのオススメショッピング(お買い物)コスメやスーパー、その他お土産情報*その2*(NY旅行記編)

洗濯除菌剤とは

ドイツは魅力的な洗剤が多い

比較的お掃除ネタはブログでもご紹介してきました。性格的に気にいるまでとことん商品を試すタイプだけど、1年滞在してなんとなくドイツの洗剤事情も明確になってきました。

今日ご紹介する『SAGROTAN』はドイツの超大手洗剤メーカーです。私は今までエコ意識と貧乏性のため日本では比較的高価でドイツでは安価な代表メーカー『クロッシュ』を使っていました。

カエルマークの洗剤があなたを救う!フロッシュを使うと得られる大きな効果を徹底解析!

もちろんクロッシュはいい!お皿を洗っても私の過酸化水素水で塗れてボロボロのアカギレや年の割にはシワシワな指先の炎症を労ってくれます。早い話、使った後つっぱらない。

 

一方『サグロタン』は薬品の力で細菌を除去。その効果がかなりはっきりしていて、用途を分けて使いこなすと結果みんなハッピーかなと思います。(洗浄力抜群。ピカピカになる。若干強い、ハンドソープも若干突っ張るけど除菌力が強いので最近はもっぱらサグロタン)

今となっては我が家は

除菌系、洗剤系→サグロタン

台所洗剤、窓磨き→クロッシュ

持病の喘息に臆する事なくドイツライフを満喫できるのはサグロタンの除菌スプレーのおかげではなかろうか?

やっと見つけたドイツの消毒スプレー『SAGROTAN』の素晴らしさを語りたい。 綺麗好きは必見。ドイツで見つけた『トイレに流せる便座クリーナー』で環境のことを色々考えた。

洗濯除菌剤の使い方

洗濯物の嫌な生乾きの匂い

一度はみんな悩んだことがあるのではないでしょうか?特に日本は湿気がすごいので、雨の日の洗濯物は今でも思い出したくありません。柔軟剤を多めに入れて、尚且つ扇風機と除湿をかけて対応していましたが毎日嫌な匂いとの格闘でした。

市販のアリ◯ールの『生乾きでも臭わない』素敵なキャッチフレーズで大好きな生田斗真さん出演CMですが、生乾きに勝った事は一度もありません。(もちろん、浴室乾燥、乾燥機、除湿機があれば別。東京の一人暮らしはない人本当に多いからね)

オススメの洗濯除菌剤『Sagrotan』のWäsche-Hygienespüler Frisch

ドイツメーカーSAGROTANは素晴らしい

上記でも軽く説明しましたがドイツの大手洗剤メーカーです。商品のラインナップも素晴らしいが、何より商品の機能性が『まさしくドイツ』だと思うような結果に乗じた高機能商品だと思いました。

SagrotanのWäsche-Hygienespüler Frischの効果

60°C未満の低い洗浄温度では、病原体、皮膚真菌、臭気の原因となる細菌が生き残り、他の洗濯物に移動することさえあります。
Sagrotan洗濯消毒剤は細菌の99.9%を排除するため、20°Cを超える低温でも洗濯物は衛生的に清潔で新鮮です。

洗濯機で洗濯物をなくしましたか?問題ありません!Sagrotanのランドリー衛生リンスは、洗濯機で最大12時間の新鮮さを保ち、濡れた洗濯物でも使用できます。

とりわけウイルス(インフルエンザウイルス、呼吸器合胞体ウイルス、コロナウイルス、単純ヘルペスウイルス)、細菌(サルモネラ、大腸菌、腸球菌ヒラエ、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、カンジダアルビカンス、トリコフィトン)に対して作用します。sagrotan HP

まりちゃん

はい、出ました。私が愛すべき数字『99、9%除去』

日本の洗濯機ってお湯で洗えないですよね?少なくとも私が日本で使っていた洗濯機は温度調整ができませんでした。

(ドイツでは基本温度調整ができます。シーツなどは90度で洗ったり、洗濯機内の清掃も高温で行ったりします)

60度以下は細菌が生き残ることがあるって、洗ってすぐに乾燥機以外不可能。しかもドイツは景観を損なわないために外に洗濯物を干す事は禁じられています(マンションによってはお庭は大丈夫なのかな、うちのマンションはNG)

日本みたいに天日干しができずに室内干しがマストだと、対策が必要ですよね。

(日本もドイツも洗濯問題はどこも一緒。)

SAGROTANの購入場所、価格など詳細

購入場所

dmやMüller、Rossmanなど比較的チープなドラックストアで手に入ります。大型のスーパー(EDEKA)などにも置いてあるのでチェックしてみてください。

商品の値段

  • 1、8L=約3、55€(500円)

SAGROTANの洗濯除菌剤の使い方

カルゴンを入れる隣(真ん中)に私は入れています。基本ここは柔軟剤を入れる場所なので、付随して除菌剤を入れるときは柔軟剤は右に入れています(特に問題はありません)

左からカルゴン(カルキ抜き)、真ん中(洗濯除菌剤)、右(柔軟剤)

ドイツ硬水お洗濯にはカルキ対策の『カルキ除去剤』をお忘れなく

SAGROTANの洗濯除菌剤を使った感想

SagrotanのWäsche-Hygienespüler Frischの匂い

これが驚くぐらいナチュラルな香りです

まりちゃん

生乾きの匂い?そんなもの1㎜も感じませんでしたよ

柔軟剤の香りも消さずにやんわりとした雰囲気に包まれます。素晴らしい!

一度柔軟剤を入れずに『洗濯除去剤』と洗剤のみでお洗濯しましたが、ふんわり柔らかな(もちろん嫌な匂いなし)自然な香りに仕上がりました。*あえてダウニー入れる人には物足りないのでご注意ください

SagrotanのWäsche-Hygienespüler Frischの成分

成分:液体100 gあたり:1.44 gの塩化ジデシルジメチルアンモニウム(DDAC(C8-10)、0.96 gのアルキル(C12-18)ジメチルベンジルアンモニウムクロリド(ADBAC(C12-18)、およびHexyl Cinnama)

SagrotanのWäsche-Hygienespüler Frischの注意点

特に問題はないと思いますが、除菌剤なので洗剤を入れないと汚れは落ちないと思います、あくまで除菌剤として考えた方が良さそうです。

SAGROTANの洗濯除菌剤のまとめ

かなりいいです!日本に持って帰りたい!!日本で販売して欲しい!!!

海外の柔軟剤は日本に比べて香りがきついものが多いので柔軟剤をあまり入れたくない。

しかし、この洗濯除菌剤だけでも優しく香り、ゴワゴワにならない。

まりちゃん

高くても買うわ。

日本でも除菌剤代わりに漂白剤やお湯で洗ったりしましたが、生乾きの洗濯物に勝った事は一度もありませんでした。初めてです。室内干しでいい匂いになったの、、、!

私の主婦レベルがスライム並みなので仕方がないのかもしれませんが、もし困ってる駐在妻の方があれば教えてあげたい。我が家は乾燥機があるけど、備え付けにないお家もあるみたいなのでぜひ使ってみてほしいです。

まりちゃん

生乾きでお困りの方はぜひ一度お試しください、本当にオススメです!

 

♥ドイツで買える除菌、抗菌グッツのまとめもよかったらご覧ください。

『ドイツでコロナ対策』欧州在住の私が毎日使う除菌スプレーや消毒グッツを全てご紹介します。