オイル美容で肌も髪も体もマルチに美しくなろう!『BIO大国で本場レビュー』

こんにちはまりちゃん@ドイツ在住美容師ブロガーです。

みなさま顔につける基礎化粧品は何をお使いですか?

私が住んでいる『ドイツ』は日本とはかなり環境の違いがあり、『硬水による洗顔の仕方を見直す必要性』を感じたり、『内陸ならではの乾燥』に毎日あたふたしています。

オーガニックNo.1『BIODERMA』優秀すぎて肌の悩みがある方は是非使って欲しい『レビュー』

まりちゃん

普通に日本から持参の化粧水つけて乳液だと朝は乾燥で完全肌がつっぱります

ですが私は美容オタク。壁があればあるほど燃えます。

話題のシワ取り美容液ポーラリンクルショットを実際使ってみた【レビュー】

 

今日はどんな乾燥にも負けない、『マルチな高保湿オイル美容』をご紹介します。

高保湿なオイル美容は日本でも今話題のスキンケア

高保湿なオイル美容とは

美容に効果があるオイルを使うことで、肌や髪、体などへの保湿保温効果を高め、乾燥や年齢によるエイジングケアを行うことができます。

オイル美容の最大の魅力は油分で肌へ蓋をすることによって内部の水分蒸発、有効成分の(美容液等)浸透効果を高めることです。

まりちゃん

年齢を重れば重ねるほど肌の水分が蒸発しやすくなります

その結果肌にハリ、ツヤ感、弾力が生まれます。

高保湿な美容オイル選び

主な美容オイルの種類

  • ホホバオイル(保湿浸透性に優れ主にマッサージオイルとして使用される)
  • アルガンオイル(浸透性がよくスキンケア用品に多く用いられている)
  • マカダミヤオイル(人の肌と同じ成分があるので肌の老化を防ぐ)
  • ひまわりオイル(抗酸化作用があり若返りオイルと言われている)
  • 椿オイル(保湿効果が高く殺菌作用がある)
  • ココナッツオイル(ビタミンEやミネラルが多くさらっとしているのが特徴)

高保湿なオイルの使い方

美容オイルをスキンケアで使用するタイミングは化粧水の前乳液クリーム等の一番最後のタイミング計2回が最適だと思います。

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 美容オイル
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • 美容オイル

*化粧水の前にブースタ代わりに使うことにより、化粧水の浸透率を高めることができ、肌の中が整い柔らかくハリや弾力が生まれます。

*全てのスキンケアの最後につけることにより高保湿成分を内部まで浸透、水分蒸発を防いでくれます。

*使用を続けることによって、潤いともっちりとした感触の肌に生まれ変わります。

高保湿なオイル『ヴィーガンオイル』

ヴィーガンオイルとは

あまり聞いたことはないかもしれませんがドイツではヴィーガンオイル普通に売ってます。

ビオ製品と一緒に陳列してありますが、カテゴリーはBIOオーガニックと一緒で、さらに成分に牛乳や卵、はちみつ、動物性コラーゲン、ラノリン(羊毛に含まれる脂質)などの動物性原料が含まれていないこと、製造過程で動物実験が行われていないことが条件となるそうです。

まりちゃん

さすがbio大国ドイツ

ヴィーガンオイルを実際買ってみた

こちらが本場ドイツのヴィーガンオイルです。中心にVeganと書いてあるがわかりますか?

ドイツ国で認められたオーガニック原材料を一定以上使用するとこのマークがつけられるようです。

こちらがナチュラルコスメの認定マークです(ドイツの来た時のご参考になれば嬉しいです)

ドイツで美しい美肌を再発見

ヴィーガンオイルの中身について

このようにパッケージできちんと顔用と記載されております。

まりちゃん

Gesichtはお顔のことです

ドイツ国産のマークもきちんと書いてあるますね、さすがドイツ。

ヴィーガン美容オイルを実際使用してみた

出した感じはあまり重くはなく柔らかい質感のオイルでした。またつけた後もベタつきもなくさらっとしている印象です。もっちりとして伸びがいいです。

ブースターとしては最適なオイルだと思います。

まりちゃん

ブースター用と蓋用と使い分けしてもいいかな♬

ヴィーガン美容オイルの匂い

こちらの商品はオーガニック独特の強い油の匂いはせず、生姜に近い匂いでした(主観です)

ですが色々ためして、オーガニック成分が強くれば強いほど本来の力に近づくので匂いはきつくなります

美容オイルの口コミ

おすすめの美容オイル

ネットやドラックストアで気軽に買える美容オイル

高品位 スクワラン(ハーバー)

スクワランは、肌にもともとあるうるおい成分。乾燥や刺激から肌を守る、バリア機能にも深く関係しています。1983年に発売されてから、ボトル以外は全く変わっていません。酸化や油やけの心配もなく、赤ちゃんの肌にも安心してお使いいただけるやさしさです。

保湿成分スクワランが肌を乾燥から守り、柔らかく保ちます。※アマゾンより引用

メルヴィータ Melvita ビオオイル アルガンオイル

洗顔後すぐの肌に使うことで、保水力に富んだアルガンオイルが化粧水・クリームのうるおいをギュッと抱え込むブースターの役割をし、驚くほどモチモチの美肌へ導きます。※アマゾン引用

バイオイル

ニキビあと、妊娠線などの保湿ができるあと用の保湿美容オイルです。 ピュアセリンオイルが肌角質層までスッと染み込んで傷あとを保湿します。 全世界124カ国で販売されている美容オイルです。 乾燥による小じわやかきむしったあとの保湿にも使えます。※アマゾンより引用

クナイプビオ オイル

顔だけでなく全身に使える「ローズヒップオイル」(カニナバラ果実油、保湿成分)配合のオーガニック保湿ケアオイルです。乾燥が気になるお肌やエイジングケア※1におすすめです。※アマゾンより引用

 

ヴィレダ ホワイトバーチオイル※ダイエットにおすすめ

気になる部分の肌の引き締めに 〈グレープフルーツの香り〉

・気になる部分の肌の引き締めに

・肌のざらつきのケアに

・しなやかでハリのある肌へヴェレダHPより

※まとめ※

オイル美容は肌が敏感で弱い方も気軽に試せる美容方法です。

軽めのオイル=化粧水前

重めのオイル=最後の保湿

このようにオイルの使い分けによって効果より高く発揮できると思います。

肌にツヤ感ハリ感を取り戻すためにいつもの美容法にプラスしてぜひ使用してみてくださいね。

たまにはご褒美プロの手を借りてオイルフェイシャルも試してみてくださいね!